« 集団的自衛権 | トップページ | 「はだしのゲン」の閲覧制限 »

2013年8月22日 (木)

稲刈り

 無事に稲刈りが終わった。
 猛暑で雨のまったく降らない夏であったが、幸いにして水には恵まれ、平年通りの収穫となった。
 昔ほどではないが、家族姉妹など総出で作業する。特に、近所の農業の専門家の男性お二人がコンバインを持ち込んでくれたので、思いのほか作業がはかどり、半日余りで、棚田6枚の刈り取り、脱穀が終了。
 農業には、実に様々な能力が必要とされる。
 田のあぜや水路作りのための土木の技術、複雑な農業機械が故障しても自ら修理する機械に関する技能、多様な作物の栽培に関する知識と経験、そして並外れた体力・・・
 一人の農業従事者が持っている多くの能力には、本当に驚かされる。
 私には、とても無理である。
08222

人気ブログランキングへ

|

« 集団的自衛権 | トップページ | 「はだしのゲン」の閲覧制限 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 「農業には、実に様々な能力が必要とされる。田のあぜや水路作りのための土木の技術、複雑な農業機械が故障しても自ら修理する機械に関する技能、多様な作物の栽培に関する知識と経験、そして並外れた体力・・・ 一人の農業従事者が持っている多くの能力には、本当に驚かされる。」ですから、後継者の育成には時間と根気が必要なんです。私も4年前に名張でお世話になった有機・無農薬農業をされている方の家に厄介になりながら、少しは農業の真似事をしましたが、全く井原さんの言っておられる事と同じ感想を持ちました。その方は、50代の中盤になって堺から意を決して名張に移住して農家になりました。もともと、製罐工場の経営と技能をお持ちでしたので、農業機械のメンテナンスはお手の物ですが、「多様な作物の栽培に関する知識と経験」には苦労されたと仰っていました。その苦労を少しでも軽減する最上の方法は、共同化なんですが、これがなかなか難しい。農家の独立経営体としての意地みたいなものが想像以上に強いそうです。この辺を克服することが、大きな課題だとその方も仰っていました。シェアさせて頂きます。

投稿: 猪谷 善久 | 2013年9月 5日 (木) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58044069

この記事へのトラックバック一覧です: 稲刈り:

« 集団的自衛権 | トップページ | 「はだしのゲン」の閲覧制限 »