« 『はだしのゲン』 | トップページ | 消費税に関する有識者会議 »

2013年8月28日 (水)

消費税を増税すべきか否か

08281
「消費税を予定通り増税しなければ、財政破綻する」
 これを聞くと、ああいつものように、みんな騙されているなと感じる。
 財政はとっくに破綻状態にあり、少しばかり増税しても何も変わらない
 借金に借金を重ねた公共事業の大盤振る舞い、そして官の無駄遣いが、財政悪化の大きな原因である。こうした政治の体質を根本的に変えない限り、財政は決してよくならない。
 いくら増税しても、すぐに政治に食いつぶされてしまう。
 

人気ブログランキングへ

|

« 『はだしのゲン』 | トップページ | 消費税に関する有識者会議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

低所得者に現金給付をするなどという、面倒なことをせずに、昔は37500円以上には内税で物品税をかけていたように、今回は3万円以上なり5万円以上なりのものに、5%の消費税の他に3~5%の物品税を掛けるというのが簡単だと思うのは素人でしょうか?日常品は3万円や5万円で買える世の中です。洋服でも時計でも高い物を買える人は税金を払えば良い。子供手当でも、現金給付ではなく、給食費をただにするとかで十分ではなかったのではないでしょうか?手間も簡単だったはず。国会議員を減らし、政党助成金をなしにする。なんと簡単に経費節減になりませんか?

投稿: | 2013年8月29日 (木) 14時34分

「政治の体質を根本的に変えない限り、財政は決してよくならない。」肝心の肝が抜けているんですね!!

投稿: 猪谷 善久 | 2013年9月 5日 (木) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58084123

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税を増税すべきか否か:

« 『はだしのゲン』 | トップページ | 消費税に関する有識者会議 »