« 漢字という共通の文化 | トップページ | 金に転ぶひとたち »

2013年7月30日 (火)

オスプレイの岩国陸揚げ

 オスプレイ12機が再び岩国に陸揚げされ、試験飛行を経て普天間に配備される。
 合計24機のオスプレイが、沖縄の新たな負担になるとともに、岩国を拠点に各地で低空飛行訓練が行われる。
 知事や市長がすっかり容認姿勢である岩国は、国に完全に甘く見られ、オスプレイの格好の搬入先にされてしまった。
 岩国が窓口になって、沖縄を初め全国の人に大変なご迷惑をおかけするのかと思うと、市民の一人として申し訳ない気持ちで一杯である。
 アメリカにものが言えない政府、お金と引き換えに政府の言いなりになる首長や議員たち。こんな政治を持っていたら、私たちの生活を守ることはできない。
 長門市油谷にある楊貴妃の像(江戸時代の古文書に楊貴妃が難を逃れて日本に渡った記述があるという)

07284
人気ブログランキングへ

|

« 漢字という共通の文化 | トップページ | 金に転ぶひとたち »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

“滞在を短く…”
自分が何を言っているか、理解しているのでしょうか?

投稿: ねこぶんに | 2013年8月 1日 (木) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/57897018

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイの岩国陸揚げ:

« 漢字という共通の文化 | トップページ | 金に転ぶひとたち »