« 雇用の規制緩和 | トップページ | 草の根集会・長門の開催について »

2013年7月17日 (水)

参議院選挙の情勢

 長かった参議院選挙もいよいよ終盤。マスコミの情勢分析によると、自民党が圧勝する勢いとのこと。
 予想されたことであり驚きもないが、少し気になることがある。
 主な政策に対する国民の関心度である。
 経済や社会保障などに大きな関心が集まるのは当然としても、原発や憲法などに対する関心があまりにも低いのではなかろうか。
 日常生活に直接関係がないとしても、原発や憲法は将来にわたる国の姿を決める重要な課題であり、政治が決定的な役割を果たす分野である。
 どうしてこうなるのだろうか。
 一つには、よくあることだが、優勢な側による争点隠しが行われていること。
 さらに、より大きな問題として、誰々の息子(世襲)、会社の指示、或いはお金など政策とは別の次元で選挙が行われていることがあげられる。
 政策を基準に一人ひとりが自由に政治を選択するようになって初めて、民意が政治に反映される。

0716


 

人気ブログランキングへ

|

« 雇用の規制緩和 | トップページ | 草の根集会・長門の開催について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

マスコミが総出で自民党が圧倒的に勝利だと
既に決定したかのように報道していますが
まるで自民党の選挙運動の手伝いをしているみたいですね。
どの政党が勝っても公約を反故にして
民意なんて無視するのですから
裁判員みたいに国民から無作為に議員を
選出した方が日本は良くなると思います。

投稿: ライダー | 2013年7月18日 (木) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/57812179

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙の情勢:

« 雇用の規制緩和 | トップページ | 草の根集会・長門の開催について »