« オスプレイの飛来 | トップページ | アベノミクス3本目の矢「成長戦略」? »

2013年6月 5日 (水)

浜矩子さんのアベノミクスに対する評価

 浜矩子(はま・のりこ)同志社大学教授のアベノミクスに対する評価の一部を紹介する(東洋経済より)
「金融緩和の結果、株や不動産などの資産、すなわち「カネの世界」だけがバブルに沸き、庶民の毎日の生活に関係する「モノの世界」ではデフレが続くという、本来ならば起こりえないはずのことが、日本経済で起こってしまうのです。
 この政策で恩恵を受ける個人は、差し当たり株や不動産を持っている人つまり、ごくごく一部の富裕層だけということになります。
 さらに怖いのは、富裕層ではない人々も、今の調子であおられれば、投機性の強い株や不動産に手を出してしまうかもしれないということです。そのような流れが形成されたところで、アベ・バブルが崩壊した時が悲惨です。
「Xデー」のカギを握るのは、この日本バブルでひと儲けしようとしている、外国人投資家たちです。彼らは当然、このバブルがいつか終わることを知っています。要するに、彼らは「売るために買う」人々ですから。今は虎視眈々と、「いつ売るか」を考えているところでしょう。」
 彼女の言がすべて正しいとは言えないかもしれないが、今世の中で起こっていることを素直にみると、こうなるのかもしれないなとも思う。

人気ブログランキングへ

|

« オスプレイの飛来 | トップページ | アベノミクス3本目の矢「成長戦略」? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

韓国・、アレーシア等を襲った「アジアの通過危機」を想像してしまいます。「はげたかファン」ドに、一国の経済(金融面:経済活動の血液ですから、経済そのものの実態)を「勝手気ままに操られる」なんて許されることでは無いですね!!はげたかファンドの規模とスピーディさは、あの時以上に急成長していますから、日本経済の図体が「でかい」と言っても、彼らが本気で、売りかけて来たら、ひとたまりは有りません。その時こそ、経済的弱者の地獄絵を見ることになります。なんとしても、そんな勝手は許してjはいけません。

投稿: 猪谷 善久 | 2013年6月 6日 (木) 06時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/57532898

この記事へのトラックバック一覧です: 浜矩子さんのアベノミクスに対する評価:

« オスプレイの飛来 | トップページ | アベノミクス3本目の矢「成長戦略」? »