« 財政に関する友人からの質問に答えて | トップページ | 役所の無駄 »

2013年6月12日 (水)

国の借金残高の削減は可能か

 90兆円の予算の内、借金が40兆円(その大部分が赤字国債)を占め、毎年30~40兆円のペースで借金残高が増加し、すでに700兆円を超えるという異常な状態になっている。
 この残高を一気に減少させることは難しいが、やる気になれば確実に減らすことは可能である。
 そのためには、当たり前のことであるが、まず毎年の借金を段階的に削減する財政計画を立てることである。
 発想を転換して、予算を好きなだけばらまいて不足すれば借金をすればいいという考え方から、借金も含めて財政に予め一定の枠をはめて、その限られた範囲内で予算に優先順位をつけて公平・公正に配分するというやり方に変えることである。
 例えば、社会保障には重点的に予算を配分し、公共事業などで優先順位の低いものは後送りすればいい。
 言うことは簡単であるが、現実の政治では、各省庁の縄張りや業界や団体の要求・圧力が絡み、この予算の公平・公正な配分が一番難しい。
060610

人気ブログランキングへ

|

« 財政に関する友人からの質問に答えて | トップページ | 役所の無駄 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

花菖蒲?ですか。「発想を転換して、予算を好きなだけばらまいて不足すれば借金をすればいいという考え方から、借金も含めて財政に予め一定の枠をはめて、その限られた範囲内で予算に優先順位をつけて公平・公正に配分するというやり方に変えることである。」岩国市での井原さんが実施した具体的事例も含めて(詳細を短い文章の中では難しいでしょうが・・また自慢話になるのではと意識されているのかも知れませんが・・)お話を進めて頂くと、より良く「なあーんだ!!そうすれば出来るんだ!!」に繋がると思います。期待します。

投稿: 猪谷 善久 | 2013年6月13日 (木) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/57579403

この記事へのトラックバック一覧です: 国の借金残高の削減は可能か:

« 財政に関する友人からの質問に答えて | トップページ | 役所の無駄 »