« Facebook論争 | トップページ | 政治のめざすところ »

2013年6月19日 (水)

政治を変えなければ何も変わらず

 政治家にとっては、選挙に勝つことが最優先。業界や団体などの大きな力に依存して安易に票を取り、当選すれば彼らに見返りを与える。市民のことは後回し。
 政治の本来の目的は、市民のために働くこと。選挙はその手段に過ぎない。
 市民一人ひとりの純粋な支援を得て当選することができたなら、誰に遠慮することなく、市民のために働くことができる。
 言い換えれば、理念と政策を通じて、市民と政治が直結されて初めて、官僚の無駄を排することができ、外部からの不当な要求や圧力に屈することなく、市民全体のために、優先順位をつけて公平・公正に予算を配分することができるのである。
 財政に留まらず、原発や基地問題などを根本的に解決するためにも、民意を真に反映する政治を作ることが先決である。

061310

人気ブログランキングへ

|

« Facebook論争 | トップページ | 政治のめざすところ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「政治の本来の目的は、市民のために働くこと。選挙はその手段に過ぎない。市民一人ひとりの純粋な支援を得て当選することができたなら、誰に遠慮することなく、市民のために働くことができる。言い換えれば、理念と政策を通じて、市民と政治が直結されて初めて、官僚の無駄を排することができ、外部からの不当な要求や圧力に屈することなく、市民全体のために、優先順位をつけて公平・公正に予算を配分することができるのである」自らの体験に基づく発言だけに説得力が有ります。問題はどの様にして「理念と政策を通じて、市民と政治が直結されて初めて、官僚の無駄を排することができる」これを、広範な市民との間で結びつけるか?ですね!!その軸になるのが、井原さんの進める政治塾ですね!!今日もまたシェアします。

投稿: 猪谷 善久 | 2013年6月20日 (木) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/57626414

この記事へのトラックバック一覧です: 政治を変えなければ何も変わらず:

« Facebook論争 | トップページ | 政治のめざすところ »