« 憲法96条の改正 | トップページ | 住民投票の成立要件 »

2013年5月29日 (水)

憲法96条の改正について

 憲法の改正は普通の法律より難しくなっている、憲法の憲法たるゆえんが96条にある。
 9条など他の個別条文の改正問題とは別に、96条の改正は、それ自体憲法の破壊行為である。
 それを権力者が平気で行うという傲慢さ。
 歴史認識に関する言動なども含めて、安倍さんを初めとする一部の人たちの独善的な思い込みにより、戦後長年にわたって築き上げてきた日本の価値が壊されようとしているかに見える。
 しかし、中身の軽薄さは隠しようがなく、いずれ多くの国民の反発を受けることになろう。

成長しつつある稲

05293


人気ブログランキングへ

|

« 憲法96条の改正 | トップページ | 住民投票の成立要件 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

僕は「立憲主義擁護同盟」みたいな幅の広い統一戦線が、今の時点では必要だと思っています。その際9条初めいろいろな条文についての意見の相異は、「当面棚上げして」でもという様な大胆さが必要かと思っています。

投稿: 猪谷 善久 | 2013年5月30日 (木) 06時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/57485681

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法96条の改正について:

« 憲法96条の改正 | トップページ | 住民投票の成立要件 »