« 0514緑の党の全国キャラバン | トップページ | 橋下さんと安倍さんに共通するもの »

2013年5月15日 (水)

従軍慰安婦発言に見る橋下さんの本質

「なぜ日本だけが一方的に批判されるのか。慰安婦制度は世界各国の軍が活用した」
「銃弾が飛び交う中で命をかけて走っていく時に、精神的に高ぶっている集団に休息をさせてあげようと思ったら、慰安婦制度が必要なのは誰でも分かる」
 橋下さんの発言を聞いて、ほとんどの国民は唖然としたのではなかろうか。
 人として大切な何かが欠けているのではないか、論評する価値もないかもしれないが、どうしたらこんな発想になるのか、少し考えてみる。
 軍隊の規律を維持することを前提に、そのためには何をしてもいいという発想のようであるが、そもそも、人格は何よりも大切なものであり、軍といえども犠牲にすることは許されないものという認識が完全に欠落している。
 皮相な議論を傲慢と詭弁で覆い隠すのが彼の常とう手段であり、ものごとの本質を見極める姿勢に欠ける。

人気ブログランキングへ

|

« 0514緑の党の全国キャラバン | トップページ | 橋下さんと安倍さんに共通するもの »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/57393052

この記事へのトラックバック一覧です: 従軍慰安婦発言に見る橋下さんの本質:

« 0514緑の党の全国キャラバン | トップページ | 橋下さんと安倍さんに共通するもの »