« 憲法改正における「発議」の意味 | トップページ | アメリカ議会調査報告書より »

2013年5月12日 (日)

緑の党の岩国集会

 緑の党と言えばドイツが有名であるが、世界各国で設立されつつあり、日本でも昨年7月に誕生した。
 中心となる理念は、もちろん脱原発であり、参加型民主主義である。
 7月の参議院選挙に10人の候補者を擁立する計画であるという。
 既成の政治家を頼らず、直実に輪を広げていくという地道なやり方は、これまでにないものであり評価できる。
 しかし、「みどりの風」、「未来の党」と勘違いされる場合が多く、その存在はあまり知られていないようである。
 今週14日の火曜日、午前10時から、岩国市民会館で、「緑の党」の集会が開催される。丁度いい機会ので、私も参加してみたい。全国比例の候補者がどのような話をするのか、楽しみである。

草の根農園の収穫

05122

人気ブログランキングへ

|

« 憲法改正における「発議」の意味 | トップページ | アメリカ議会調査報告書より »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/57371488

この記事へのトラックバック一覧です: 緑の党の岩国集会:

« 憲法改正における「発議」の意味 | トップページ | アメリカ議会調査報告書より »