« 参議院山口補欠選挙 | トップページ | 大臣の靖国神社参拝 »

2013年4月21日 (日)

国民代表

04211 「諸君は確かに代表を選出するが、いったん選出した瞬間からはブリストルの議員ではなく英国本国議会の議員となる」
1774年、イギリスの保守政治家エドマンド・バークのブリストル演説(中国新聞「政考政読」より)
 議員は地域代表ではなく国民全体の代表であるとするものであるが、日本の江戸時代中期にこのような演説が行われていたのだから驚く。
 地域の道路や施設を作ると言って選挙運動をしている例があるが、利益誘導で税金の無駄遣いをすると言っているに等しい。
 市会議員は市全体のために、県会議員は県民全体のために、国会議員は国全体のために働いてほしい。
 地域の利益を求めて投票していたら、そのつけは必ず国民に返ってくる。

人気ブログランキングへ

|

« 参議院山口補欠選挙 | トップページ | 大臣の靖国神社参拝 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

国会議員が米国のために
日本の憲法を改悪するのも
止めてほしいですね。
米国から押し付けられたと
言うけどその米国と
同盟だとすり寄って媚びて
ハシャイデルくせに
バカみたいで恥ずかしいです。

投稿: ライダー | 2013年4月23日 (火) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/57221337

この記事へのトラックバック一覧です: 国民代表:

« 参議院山口補欠選挙 | トップページ | 大臣の靖国神社参拝 »