« 普天間基地の返還「2022年度またはその後」 | トップページ | 裁判所の役割 »

2013年4月 8日 (月)

司法もアメリカのいいなり?

 いわゆる「砂川事件」について、時の最高裁長官が、裁判の内容や見込みなどを事前にアメリカ側に伝達していたことが明らかになった。
 その過程には、当然政治が強く関与しているはずである。
 憲法の番人と言われる司法の独立が確率されていないとすれば、国民の権利など守られるはずがない。
 政治だけでなく司法までもアメリカのご機嫌を窺っているようでは、とても独立国とは言えない。
 「主権回復の日」などと浮かれている安倍さんが滑稽に見える。

人気ブログランキングへ

|

« 普天間基地の返還「2022年度またはその後」 | トップページ | 裁判所の役割 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

牛野谷の自治会長さんが米軍属に轢き殺された事件でも
検察は全く何もしませんでした。
法治国家である日本で法律が無力だと言うならば
米軍関係の犯罪を見たらその場で市民が
リンチでも行えと言う事なのでしょうか。

投稿: ライダー | 2013年4月 9日 (火) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/57134888

この記事へのトラックバック一覧です: 司法もアメリカのいいなり?:

« 普天間基地の返還「2022年度またはその後」 | トップページ | 裁判所の役割 »