« 岩上安身シネマ・トークカフェのご案内 | トップページ | TPPに関する国会での議論(3月12日付け東京新聞より) »

2013年3月11日 (月)

TPPに関するアメリカとの事前交渉の実態が明らかになる

 衆議院予算委員会で、民主党の前原さんが、前政権時代のアメリカとのTPP事前交渉の内容を明らかにしながら、安倍さんを追及した。インターネットを通じての情報であるが、面白い話なので一部を紹介する。
 前原議員「我々が最後まで交渉参加表明をできなかったのは、米国の要求、事前協議の中身が余りにも不公平ということ。トラック、車については関税を直ぐにはゼロにしない猶予期間を設けるべきだという。保険については初めはがん保険等だけだと思ったら学資保険の中身を変えることについても色々と言い出した。本来であれば、自動車の関税の猶予なんてことは本交渉でやる話であって、我々は農産物と相対して妥協しなかった。これ、妥協してまさか交渉参加表明することはないですよね。我々は、この条件ではあまりにも日本に不公平だということで交渉参加表明をしなかった。」

人気ブログランキングへ

|

« 岩上安身シネマ・トークカフェのご案内 | トップページ | TPPに関する国会での議論(3月12日付け東京新聞より) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56937818

この記事へのトラックバック一覧です: TPPに関するアメリカとの事前交渉の実態が明らかになる:

« 岩上安身シネマ・トークカフェのご案内 | トップページ | TPPに関する国会での議論(3月12日付け東京新聞より) »