« 1票の格差に対する違憲判決 | トップページ | 満開の花 »

2013年3月28日 (木)

一票の格差違憲、無効判決

 一票の格差が違憲であるという判断は何度も行われていたが、選挙を無効とする判決が出るとは驚いた。
 こういう場合には、「事情判決」という馴染みのない言葉を使い、行政の行為は違法であるけれども、社会的影響が大きいので取り消しは行わず現状をそのまま認めるというのが通例であった。
 しかし、投票の価値の不平等が憲法に違反するとしながら、違反状態のまま行われた選挙は有効であるというのは、普通の感覚からすればわかりにくい。
 そういう意味では、裁判がようやく市民感覚に近づいたというべきであり、裁判官の勇気を評価したい。

人気ブログランキングへ

|

« 1票の格差に対する違憲判決 | トップページ | 満開の花 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/57055587

この記事へのトラックバック一覧です: 一票の格差違憲、無効判決:

« 1票の格差に対する違憲判決 | トップページ | 満開の花 »