« 参議院の山口補欠選挙の意味 | トップページ | 市民政党「草の根」の地区世話人会の開催 »

2013年3月23日 (土)

普天間基地移設のための公有水面埋め立て申請

 国から沖縄県に対して、普天間基地移設のための公有水面埋め立て申請が行われた。  アメリカのご機嫌をとるために、沖縄の意思を無視して強行されたものである。
 安倍さんのコメントは、次の通り。
「普天間基地の固定化は許されない。負担軽減を図りながら、民主党政権で傷ついた沖縄との信頼関係を取り戻すために努力する。」
 同じ言葉を繰り返すのみで、誠意がまったく感じられない。
 民意を無視して進める自民党のやり方に県民は怒っているのである。
 他に責任を転嫁するばかりで、自らを顧みない姿勢で、人の理解を得ることなど不可能。
 表できれいごとをいいながら、裏では、莫大なお金を使い、圧力をかけ、選挙をねじ曲げる、彼らの常套手段である。
 例の官房機密費なるものも、不正に流用され沖縄につぎ込まれているとみて間違いない。
 山口県では、上関原発に関する埋め立て免許をめぐって知事の恣意的な判断が問題になっているが、基地や原発などの国策に対しても、重要な権限を知事は持っているのであり、県民のために有効に行使すべきである。

03221

人気ブログランキングへ

|

« 参議院の山口補欠選挙の意味 | トップページ | 市民政党「草の根」の地区世話人会の開催 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/57019430

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間基地移設のための公有水面埋め立て申請:

« 参議院の山口補欠選挙の意味 | トップページ | 市民政党「草の根」の地区世話人会の開催 »