« オスプレイの追加配備 | トップページ | 4月1日に、日本語を考える »

2013年3月31日 (日)

主権回復の日

 サンフランシスコ講和条約が発効した日である4月28日を「主権回復の日」として、政府主催の記念式典が行われることになった。
 多くの国民はほとんど関心がないが、沖縄からは、この日はアメリカの施政権下に置かれた「屈辱の日」だとして、早速強い抗議の声が上がっている。
 公約に書いてあるからと安倍さんの鶴の一声で決まったようだが、いかにも唐突である。
 公約にあるとしても、自民党の中でもほとんど議論されていないだろうし、総選挙の争点にもならなかった。国民はまったく知らなかったし、記念式典を行う必要性を感じている人など皆無と言っていいだろう。
 仮に、新たな記念日を設けるとすれば、幅広く有識者や国民の意見を聴き慎重に検討すべき。多くの国民がお祝いする環境にない状況で、安倍さんの独りよがりで、税金を使い公的行事を行うなど許されないこと。総理大臣だからといって、何でもできると勘違いしてもらっては困る。

人気ブログランキングへ

|

« オスプレイの追加配備 | トップページ | 4月1日に、日本語を考える »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

竹島の日の式典を政府主催で行うと言う
選挙公約を反故にして韓国に配慮ばかりしている
親韓の安倍総理としては沖縄の人たちを
悲しませても一部の日本人支持者にも
媚を売りたいのでしょうね。
日本のどのあたりが主権を回復しているのかを
安倍総理に詳しく説明して欲しいものです。

投稿: ライダー | 2013年4月 1日 (月) 18時25分

とっちゃん坊やは三つの過ちを犯した
①公約にこっそり書き、それを実施に移す姑息な手法はこの国の品格を落とした
②国民無視で自分たちの思惑を通す事は総理としての資質が皆無で、かつ無責任に自分のしたいことをし、不可能になれば辞任する未来を提示した
③天皇も招くそうだが、ある意味彼の夢の実現に近付くわけだが、単なる時代錯誤で何か大きな支障を呼び起こす事は必至である

余談だがTPP自体が世界帝国(国家でなくより大きな権力)の帝国支配を意味するもので、これをアメリカは拡大したがっているが、これこそ時代錯誤で大きな支障を産み出すであれう

今のテクノロジーでは貨幣に惑わされずに豊かに生きれる
只の無知なら停滞するだけだが、時代錯誤は良からぬ事態を招くこと

気を付けなさい

イーシャバーシャ

投稿: | 2013年4月 1日 (月) 21時10分

アベシは心から尊崇するおじい様を辱しめた占領軍が憎くて憎くて仕方がないのです…
“自尊自衛”が持論の筈の彼が“下駄の雪”に無頓着なのはそれが
おじい様の遺訓だから…
“私怨”の箔付けに駆り出される陛下がお気の毒です…

投稿: ねこぶんに | 2013年4月23日 (火) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/57078437

この記事へのトラックバック一覧です: 主権回復の日:

« オスプレイの追加配備 | トップページ | 4月1日に、日本語を考える »