« 市民が主体となる新しい政治集団の創設に向けて | トップページ | 参議院の山口補欠選挙の意味 »

2013年3月21日 (木)

山口県の参議院補欠選挙の情勢

 平岡秀夫さん(前衆議院議員、山口2区)が、県庁で記者会見、1か月後に迫った参議院議員補欠選挙に名乗りをあげた。
 順調に推移しているよう見える安倍政権を向うに回して闘うことは決して容易なことではないが、政治の流れを変えたいというその志や良し。
 古い政治による公共事業の大盤振る舞い、税金の壮大な無駄遣い、原発やTPP,そして基地問題など、この国の行末に大きな不安を抱く多くの県民の思いに応える論争を期待したい。
 政権の行方を占う重要な機会であり、業界の締め付けやお金などに惑わされることなく、県民一人ひとりの自由な意思で選択して欲しい。

人気ブログランキングへ

|

« 市民が主体となる新しい政治集団の創設に向けて | トップページ | 参議院の山口補欠選挙の意味 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/57005788

この記事へのトラックバック一覧です: 山口県の参議院補欠選挙の情勢:

« 市民が主体となる新しい政治集団の創設に向けて | トップページ | 参議院の山口補欠選挙の意味 »