« インターネット選挙の解禁 | トップページ | 「聖域なき関税撤廃」、安倍さんのごまかし »

2013年2月 7日 (木)

中国との関係改善に向けて具体的に動くべき

 中国との緊張が高まっている。
 レーダー照射の例に見られるように、現場の判断で偶発的な衝突が起こらないとも限らない。
 ここまで危機が高まっているのに、政府は何もしていないように見える。安倍さんは国会で、話し合いの窓口を閉ざしてならないと強調していたが、まさにその通りである。協議のテーブルにつくための具体的な行動を起こすべきである。
 そのためには、「領土問題は存在しない」という原則論ばかりでは埒が明かない。双方の主張や立場を前提にして未来に向かって関係を築く、いわゆる「棚上げ」も有効な方法であろう。
 それにしても、ここに至る原因を作った石原さんは、今何を思っているのだろうか。もっと強硬な手段をとって領土を守れと叫んでいるのだろうか。

025

人気ブログランキングへ

|

« インターネット選挙の解禁 | トップページ | 「聖域なき関税撤廃」、安倍さんのごまかし »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

石原さんは自分のせいだとは思ってもいないし、むしろ自分の言動を誇りに思っているようです。さらに過激な発言もしているので、とにかくいまはマスコミも石原さんを報道しないで欲しいです。

投稿: 津久井万喜 | 2013年2月 7日 (木) 22時39分

中国を牽制するためにオスプレイは
必要だと言ってる人がいますけど
全く効果はありませんでしたね。
選挙前はあれほど勇ましいことを
言っていた安倍さんですから
話し合いよりも自民党に投票した人の
期待に答えて武力で解決するべきでしょうね。
きっと在日米軍基地賛成派の方々も
我先に志願して戦地に赴いてくれると思います。
自民党に投票しなかった私は長生きしたいので
もちろん戦争なんて反対ですけどね。

投稿: ライダー | 2013年2月 8日 (金) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56718267

この記事へのトラックバック一覧です: 中国との関係改善に向けて具体的に動くべき:

« インターネット選挙の解禁 | トップページ | 「聖域なき関税撤廃」、安倍さんのごまかし »