« 日米同盟至上主義 | トップページ | TPPに関する日米共同声明について »

2013年2月23日 (土)

日米首脳会談の成果

  「日米同盟の信頼、強い絆は完全に復活したと自信をもって宣言したい」
 「聖域なき関税撤廃が前提でないことが明確になった」
 日米首脳会談を終えて、安倍さんは、胸を張った。
 これを受けて、マスコミも概ね大きな成果を挙げたという論調になりそう。
 しかし、政治家の言葉はほとんどがごまかしであり、視点を変えてみる必要がある。
 今回の場合も、実態は違うので、それを覆い隠すために派手に宣伝しなければならなかったのではなかろうか。
 そういう意味で気になるのは、二人の共同記者会見や歓迎晩餐会がなかったこと。安倍さんのよく言う「日米関係が揺らいだ」民主党政権時代も含めてあまり例のない異例なことである。
 詳細はまだわからないが、アメリカ側の対応振りを暗示している。

222

人気ブログランキングへ

|

« 日米同盟至上主義 | トップページ | TPPに関する日米共同声明について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56826660

この記事へのトラックバック一覧です: 日米首脳会談の成果:

« 日米同盟至上主義 | トップページ | TPPに関する日米共同声明について »