« 中国との関係改善に向けて具体的に動くべき | トップページ | 運営会議の開催 »

2013年2月 8日 (金)

「聖域なき関税撤廃」、安倍さんのごまかし

 「聖域なき関税撤廃を前提にする限り交渉参加に反対する」
 自民党の衆院選公約であるが、大きなごまかしがある。
 文面だけを見るといかにも反対のように思えるが、そこには前提条件が付いている。
 つまり、例外が少しでも認められれば、交渉に参加しても公約違反にならないよう逃げ道が用意されているのである。彼らの常とう手段である。
 しかし、地方選出の議員の中には、「TPP絶対反対」と叫んで当選した人も多く、これに反すれば有権者の信頼を裏切り、事実上の公約違反と同じである。
 TPPは、産業や雇用、社会のあり方を大きく変える重要な問題であり、十分な情報公開のもと議論を尽くし慎重に判断すべきである。
 口先でごまかすような問題ではない。

遠くに四国の山が見えます?

081
人気ブログランキングへ

|

« 中国との関係改善に向けて具体的に動くべき | トップページ | 運営会議の開催 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56725323

この記事へのトラックバック一覧です: 「聖域なき関税撤廃」、安倍さんのごまかし:

« 中国との関係改善に向けて具体的に動くべき | トップページ | 運営会議の開催 »