« TPPに関する共同声明に書いてあること | トップページ | オスプレイが再び岩国へ »

2013年2月28日 (木)

上関原発に関する公有水面埋め立て免許の延長申請の取り扱い

何度も補足説明を求めるなど意図的な引き延ばしを行った挙句の果てに、あろうことか、審査を中断し決定を無期限に延長するという。
 こんないい加減なやり方をするのかと、正直あきれてしまう。
 安倍さんの原発政策の転換を待って、延長の許可を行う腹積もりなのであろうが、その時期や内容など何も決まっていない。
 行政は法律に基づき適正に行われる必要があり、知事と言えどもその権限を恣意的に行使することは許されない。行うべきことを行わなければ、不作為の違法行為となる。
 公有水面埋立法に基づき、現在の状況で、きちんと審査し決定を行うべきである。

人気ブログランキングへ

|

« TPPに関する共同声明に書いてあること | トップページ | オスプレイが再び岩国へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56861602

この記事へのトラックバック一覧です: 上関原発に関する公有水面埋め立て免許の延長申請の取り扱い:

« TPPに関する共同声明に書いてあること | トップページ | オスプレイが再び岩国へ »