« 空母艦載機の岩国移駐、3年延期に | トップページ | 麻生さん、地方交付税を絞り、地方公務員給与の削減を迫る »

2013年1月26日 (土)

形式的な愛宕山の都市計画変更手続き

 昨年11月26日に行われた岩国都市計画変更案に関する公聴会における市民の意見とそれに対する山口県と岩国市の考え方が、それぞれのホームページに掲載されている。
 市民の関心は愛宕山に集中し、米軍住宅化に対する反対や市街化区域のまま基地に提供することの都市計画法上の問題点など多くの指摘がなされたが、それらに対する県と市の考え方は、ただ一つ。「都市計画の変更の案の修正は行いません」
 一字一句違わないこの表現が、何十か所にもわたって記載されている。
 このことだけを見ても、都市計画の手続きがいかに形式的なものかがよくわかる。
 はなから県民・市民の意見を聴く気などないのである。
 1月15日から29日まで2週間にわたって、この都市計画変更案が役所で公開されており、誰でも意見を述べることができるとされている。
 形式を重ねるに過ぎないものであるが、それでも、違法行為をして憚らない政治・行政の危険性を指摘せざるを得ない。

人気ブログランキングへ

|

« 空母艦載機の岩国移駐、3年延期に | トップページ | 麻生さん、地方交付税を絞り、地方公務員給与の削減を迫る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56633560

この記事へのトラックバック一覧です: 形式的な愛宕山の都市計画変更手続き:

« 空母艦載機の岩国移駐、3年延期に | トップページ | 麻生さん、地方交付税を絞り、地方公務員給与の削減を迫る »