« 公共事業の大盤振る舞いに、背筋が寒くなる | トップページ | 自民党の政治とは »

2013年1月12日 (土)

自民党の政治とは

 理念や政策が違う人たちが一緒になり一つの政党を作ることは論外であるが、それでは、政策により政治を選択すればいいのだろうか。公約やマニフェストの例を挙げるまでもなく、掲げられる政策は選挙目当てのものも多く、守られる保証はどこにもない。
 政策以前の問題として、政治が誰の意向により動かされているのか、誰のために行われているのか、つまり政治の根本的なあり方が問われなければならない。
 そうした視点で見れば、日本の民主主義は名ばかりで、まったく機能していない。
 それを象徴するのが、政官業のもたれあいであり、利益誘導の巧妙な仕組みである。
 自民党の政治は、その典型である。

人気ブログランキングへ

|

« 公共事業の大盤振る舞いに、背筋が寒くなる | トップページ | 自民党の政治とは »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56526323

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党の政治とは:

« 公共事業の大盤振る舞いに、背筋が寒くなる | トップページ | 自民党の政治とは »