« 雪の中の農作業 | トップページ | 選挙に関する報道のあり方に疑問 »

2012年12月10日 (月)

twitterによる選挙運動で逮捕されるかもしれない?

 橋下さんは、4日の衆院選告示後もtwitterで発信を続けているという。
「何でインターネットで選挙運動をやってはいけないのか。こんなバカげたルールは変えなきゃいけない」と公言している。
 しかし、全国の他の候補者は多分全員が、twitterだけでなくブログやFacebook、ホームページなどの更新をやめているはず。
 現状ではインターネットを利用した選挙運動が認められていないからである。
 確かに、インターネットなしでは生活できないこの時代に、これを使った選挙運動ができないというのはおかしい。私もまったく同感である。
 しかし、「ルールがおかしい」からといって、「ルールを破ってもいい」ことにはならない。橋下さんの完全に勇み足であろう。
 彼の発信力は強く、実際の選挙に与える影響も無視できないとすれば、今回の件が後に法的に問題になる可能性もある。

12033

人気ブログランキングへ

|

« 雪の中の農作業 | トップページ | 選挙に関する報道のあり方に疑問 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私の市では 市長選の時に
現在の市長がブログをされていて
コメントでお返事もされていました。
私も何度かコメントしました。
お返事もブログ内でありました。
{私が市長になったら必ずします}など・・・
しかし、あるときから
「選挙違反ではないか?」という
コメントがはいるようになり、
1ことだけ 「しばらくブログはお休みします」
と出し、さかのぼって すべてのブログを
(選挙前)削除されました。
ご指摘を受けたようですが
選挙違反には問われず、現在 市長さまです。
橋下さんは 知名度があるので
どう判断されるのでしょうかね・・?

投稿: 津久井万喜 | 2012年12月13日 (木) 05時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56293920

この記事へのトラックバック一覧です: twitterによる選挙運動で逮捕されるかもしれない?:

« 雪の中の農作業 | トップページ | 選挙に関する報道のあり方に疑問 »