« 民間空港、重荷を背負って開港 | トップページ | 明日は投票日、国民の賢明な判断を期待したい »

2012年12月14日 (金)

次々に発表される選挙予測は本当なのだろうか?

 私のところにもマスコミから電話取材があった。電話による抽出調査と個別取材などを組み合わせて選挙の情勢分析を行うとのこと。
 それにしても、次々に発表される選挙予測は本当なのだろうか?
 特定の政党の勢いの良さばかりが目につくが、これほど多くの国民が期待しているとも思えない。
 事実、報道によると政党支持率はあまり高くない、むしろ低迷しているというのが実態である。
 政権交代の期待を裏切られたという不信感は確かに強いが、かと言って、古い政治にも戻りたくないという感覚を持つ国民が少なからずいると思う。
 そうした普通の市民の普通の感覚を受けとめ、普通の市民のために働いてくれる新しい政治勢力が必要である。

 冷たい雨、候補者のかすれた声が遠ざかる。

人気ブログランキングへ

|

« 民間空港、重荷を背負って開港 | トップページ | 明日は投票日、国民の賢明な判断を期待したい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

選挙予測はおおむねあたるようだが、今回はよくわからない。そもそも世論調査は電話調査を主体で行うようだが、携帯電話の普及で固定電話の比率が下がっている中、本当に正確なのだろうか?それよりも投票率が下がることが予想されているのが気がかりだ。投票に行かないということは「私は消費税を50%、100%にされても喜んで従います」という意思表示であり、立派な態度だと感心する。結局、日本も行きつくところまでいかないと変わらないのかもしれない。

投稿: 普通の岩国市民 | 2012年12月15日 (土) 03時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56320260

この記事へのトラックバック一覧です: 次々に発表される選挙予測は本当なのだろうか?:

« 民間空港、重荷を背負って開港 | トップページ | 明日は投票日、国民の賢明な判断を期待したい »