« 日米関係は争点ではない? | トップページ | 選挙情勢に関する報道に驚く »

2012年12月 5日 (水)

どのように選べばいいのか

 少数政党が乱立する中、国民はどのような選択をすればいいのだろうか。
 「政策の違いをよく見極めて選ぶ」
 「政党ではなく、候補者個人で判断する」
 一般的にはこんなところかもしれないが、かなり違和感がある。
 政策を掲げることは簡単、口先では何とでも言えるが、要は本意かどうかが問題。それを見極めることはなかなか難しい。トップの実行力というより、党内や支援者がその政策でまとまっていることが重要。
 個人で選んでも、政党の制約の中で政策が実現されなければあまり意味はない。
 一つ簡単な選び方を紹介しよう。
 選挙で企業や業界団体など大きな組織のお世話になっている政治家や政党は、はっきり言って選ばない方がいい。当選しても、組織の利益が優先され、市民のための政治にならない。

12035

人気ブログランキングへ

|

« 日米関係は争点ではない? | トップページ | 選挙情勢に関する報道に驚く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

安倍自民党は上関原発建設再開や岩国基地強化拡張も進めています 愛宕山に続き蓮田も取られるのは時間の問題でしょう また国防軍だとか馬鹿なことを言っていますが人の命を何だと思ってるのでしょうか 愛する岩国の地をここまで変えた自民党の知事市長は一生許しません 私は脱原発 脱米軍基地で選びます 口先だけに騙されず見極める力が必要ですね

投稿: のらねこ | 2012年12月 6日 (木) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56259392

この記事へのトラックバック一覧です: どのように選べばいいのか:

« 日米関係は争点ではない? | トップページ | 選挙情勢に関する報道に驚く »