« 選挙情勢に関する報道に驚く | トップページ | 普通の市民を代表する新しい政治勢力が必要 »

2012年12月 7日 (金)

集団的自衛権は必要なし

 自民党と維新の会の公約に、集団的自衛権の行使を認めるとの項目がある。
 自らの国を守るためには、(個別)自衛権があれば十分である。
 集団的自衛権とは、要するに、同盟国アメリカと一緒に世界中で戦争をすることができる、イラクやアフガンにも派兵するということである。
 自衛権に名を借りて、普通に戦争をする国になることである。
 国防軍もしかり、憲法の理念を捨て去ることであるが、今、国民の関心はそんなところにあるのだろうか。
 「お坊ちゃまのお遊び」とのコメントが寄せられたが、そうでないことを祈りたい。

12034

人気ブログランキングへ

|

« 選挙情勢に関する報道に驚く | トップページ | 普通の市民を代表する新しい政治勢力が必要 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

彼らは、公約を掲げて国民が理解して当選し与党となったのだから、当然実施するのが公約。
・・・なんて相変わらずの、理論を炸裂するのではないかと、正直不安じゃ。

投稿: きになる | 2012年12月 8日 (土) 14時10分

集団的自衛権とか軽々しく言う議員は311を思い出すべきですね。
スーパーで買えない食品やペットボトルの水。
首都圏では電車が止まり帰宅困難者で溢れかえっていましたね。
戦争だったら巡航ミサイルの5、6発であれ以上の状態になるでしょう。
原発や在日米軍基地は真っ先に標的にされます。
なにかあった時にどんな状況になるか想像すらも出来ない
バカなお坊ちゃまを持ち上げる政党があるのだから
日本ってダメな国ですよね。

投稿: ライダー | 2012年12月10日 (月) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56274243

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権は必要なし:

« 選挙情勢に関する報道に驚く | トップページ | 普通の市民を代表する新しい政治勢力が必要 »