« 少数政党の乱立、誰を、どこを選べばいいのか | トップページ | 世襲批判 »

2012年11月17日 (土)

太陽の党と維新の会が合流

 わずか数日前にできたばかりの太陽の党が突然消滅し、維新の会と一緒になるという。
 代表は、石原さん、副代表が橋下さん、二人が独断ですべて決めてしまったようだ。
 あれほど違うと言われた政策も「合意した」と言えば、それで終わり。誰も口出しはできない。
 彼らにとっては、選挙が最優先なのである。
 こんな組織がうまくいくはずがない。いずれ、国民を裏切ることになる。
 石原さんいわく「確かな民意は『この国は危ない、何とかしてくれよ』だ。」
 独裁的なこの二人が仕切る方が、よほど危ない。
 彼らと対極なものを作らなければと、痛切に思う。

11171

人気ブログランキングへ

|

« 少数政党の乱立、誰を、どこを選べばいいのか | トップページ | 世襲批判 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56135458

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の党と維新の会が合流:

« 少数政党の乱立、誰を、どこを選べばいいのか | トップページ | 世襲批判 »