« 第3極の結集、政策の一致は表向き? | トップページ | 米兵による犯罪が再び »

2012年11月 1日 (木)

公債特例法案を人質に取ることは得策ではない

 早期の解散を望むのは、自民党の論理、都合である。
 石破さんは、「総理が決断すれば重要法案はすぐに通す」と言って、野田さんに責任を押し付けようとしているが、野田さんの決断と法案の中身は別物であり、両者を交換条件にするのは筋違いである。国会に出された法案は、きちんと審議したうえで、与野党で責任を持って採決すればいい。半年以上にわたって、政争の具にしてたなざらしにするなどとんでもないこと。解散という自民党の都合で国民生活をこれ以上人質にとることは許されない。
 へ理屈ばかり言ってないで、さっさと法案を通した方がいい。その方が、よほど自民党の評価が高まる。今の国民の気持ちは、どっちもどっち、いい加減にしろというところ。このままでは、早晩、自民党に批判の矛先が向く。
 良識的な判断ができる人が一人もいないのだろうか。

人気ブログランキングへ

|

« 第3極の結集、政策の一致は表向き? | トップページ | 米兵による犯罪が再び »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こちらにもコメントします。
結局自民党がポスト争いの為に法案を通させないという嫌がらせをして、民主党にお仕事させないようにして置きながら、民主党じゃあ何もしてくれないと悪い評判を流そうとしていたんですね。
なんかこのコメントを書きながら、昔の岩国のことと思い出されました。
私は岩国市議の多くの知り合いがいて、私が市役所で酷い嫌がらせを受けた際に半数以上が私の味方をしてくれました。なので市議が悪いとは思いませんが‥テクノロジー犯罪の加害の影響を加味して貰えたらと思います。当時は私もテクノロジー犯罪の事を知らず、井原さんじゃあ話が前に進まないと思い込まさせられていました。あの時にアイツの手下が私に近づいて来て、対抗馬の選挙の手伝いを頼まれてしまいました。今思えば、アイツらはその影響を知ってて、悪用しようと近づいて来たのです。あれから何年後かアイツらの悪事に気がついた私はアイツらの悪事に辟易しています。そして悪い影響を受けないように縁を切りました。アイツらは嫌がらせをしながら脅かして、前回の参議院選でも選挙に利用する為に近づいて来ました。
あの岩国市庁舎と基地の問題で井原さんが市議の賛成を得られず、話が前に進まなかったのを思い出しました。
あれはきっとアイツらの圧力だったのですね。テクノロジー犯罪、思考盗聴器を調べたら、手口がわかります。
私があそこまでの酷い嫌がらせを受けて苦しめられたのも思考盗聴器の加害があったからです。
今も昔も私の方が遥かに完全に優位ですがね。
昨日某企業を叩いたから慌てて動いたのかなぁ。動きが出た時は調べ易いんですよ。誰がどういう思惑でどのように動いたかよくわかったはずです。

投稿: なみ | 2012年11月15日 (木) 02時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56019926

この記事へのトラックバック一覧です: 公債特例法案を人質に取ることは得策ではない:

« 第3極の結集、政策の一致は表向き? | トップページ | 米兵による犯罪が再び »