« 愛宕山の都市計画変更等に関する公聴会 | トップページ | 少数政党の乱立。政党とはなんだろうか? »

2012年11月27日 (火)

「日本未来の党」が誕生、波紋を呼ぶ

 嘉田滋賀県知事が、「日本未来の党」を立ち上げる。
 脱原発について、民主党の姿勢があいまいになり、維新の会は脱原発の旗をおろし、自民党はもちろん原発推進。こうした状況に危機感を抱き、「卒原発」を掲げ新しい政治の結集を目指すという。
 既成の政治家たちの選挙目当ての離合集散、新党の乱立などには嫌気がさしていたが、嘉田さんは市民派知事として新鮮なイメージがあり、久し振りに期待感を抱かせるものである。
 ただ、今後合流する予定であるという小沢さんや亀井さんの存在が、どうしても気になる。原発では当面一致しても、政治スタイルがまったく違う彼らと一緒にやっていけるのだろうか。
 どの程度の勢力になるのか、誰が立候補するのか、その動きに目が離せない。
 新党の代表代行として一緒に記者会見に臨んだ飯田てつなりさんは、今後どうするのだろうか、こちらも気になる。

11271

人気ブログランキングへ

|

« 愛宕山の都市計画変更等に関する公聴会 | トップページ | 少数政党の乱立。政党とはなんだろうか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56205743

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本未来の党」が誕生、波紋を呼ぶ:

« 愛宕山の都市計画変更等に関する公聴会 | トップページ | 少数政党の乱立。政党とはなんだろうか? »