« 解散は総理の専権事項ではない | トップページ | 解散の意味 »

2012年11月14日 (水)

突然の衆議院解散宣言

 衆議院総選挙が、12月4日告示、16日投票の日程で行われる。
 野田さんが、安倍さんとの党首討論において、「衆議院の定数削減を来年の通常国会までに行うことを約束してくれたら、明後日16日(金)に解散してもいい。」と発言。
 この突然の解散宣言を受けて、正式に選挙の日程が決まった。
 ここまで混乱すれば、早く決着をつけた方がいい、誰もが思うところ。
 しかし、党首討論は理念や政策を堂々と議論する場であるのに、やりとりを聞いていて、言っていることが軽く、がっかりした。
 いきなり解散を持ち出すのは乱暴であり、定数削減もこんなところで簡単に決められるものでもない。
 安倍さんも、「解散、解散」と叫んでいるばかりで見苦しい。
 これが、今の首相と次の首相候補との討論かと思うと淋しい。

11122

人気ブログランキングへ

|

« 解散は総理の専権事項ではない | トップページ | 解散の意味 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

安倍さんは無理なんじゃないのかな。
北九州市の放射性物質を含む瓦礫焼却で、下関市民を見捨てたのに、とても次の選挙で通るとは思えない。
北九州市の放射性物質を含む瓦礫焼却で動いてくれたのは、飯田さんと民主党の平岡議員他数名、あと山口県議会議員など。
自民党後援の議員たちは、安倍さんも河村さんも動かなかったですよね。
下関市も萩市も山口県の中でも被害が特に心配な所なのに!
安倍さんなんかは自民党の総裁選ばかりに終始し、地元の下関市のことも北九州市の瓦礫焼却問題など全く興味すらないようだった。
もう自民党の政権奪回が目的の政治活動は、他の政治家たちが国や国民の生活や将来について真剣に話し合う場には相応しくなく、見苦しさしか感じられません。
あの国会も国民の税金で開かれているのに、もったいないです。
民主党と自民党を除く他の野党との会談は、国の立て直しや国民の生活などについて真剣に建設的なので見ていても清々しいです。
自民党は目的がズレているんじゃないですかね?

会社で喩えるなら、会社の社会貢献度、会社の成長よりも個人の出世ばかりを考えて動いているように感じます。会社がボロボロになってもどうでもいい。個人で出世出来れば良いみたいな。おまけに裏で会社を裏切りながら汚い連中と繋がっていたりしたら、ますます嫌!

投稿: なみ | 2012年11月15日 (木) 01時40分

本当にビックリしましたそして最近すでに総理になった気分のあべさんの発言も実に軽々しい言葉で低レベルな話にうんざりします。

投稿: 津久井万喜 | 2012年11月15日 (木) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56114512

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の衆議院解散宣言:

« 解散は総理の専権事項ではない | トップページ | 解散の意味 »