« 内閣には、政党の持てる最高の人材を集めるべき | トップページ | 基地や原発などの国策は国の専管事項であり、基本的に尊重し協力するー山口県の方針 »

2012年10月 5日 (金)

新知事は前例踏襲ー山口県議会でのやりとりから

 山本新知事の初登場となった県議会のやりとりから。
 当然のことながら知事の県政に臨む基本方針に注目が集まったが、前知事の方針をほとんどそのまま踏襲するばかりで、新鮮味なし。山本さんの個性があまり見られなかったのが残念。
 その中で、特に気になった点を紹介する。
 「普天間移設の目途が立たない限り、岩国への艦載機の先行移駐は認めない」という前知事の方針に対する国の考え方を問われた知事(県側)は、次のように答弁。
 「県の方針について、国は重く受け止め、県の懸念するような事態にならないよう努力するとしているが、共通の認識に立っているわけではない」
 要するに、「先行移駐は認めない」というのは、県の一方的、希望的観測に過ぎず、防衛省は何の同意も与えていないのである。
 愛宕山売却の際の条件であったはずであるが、何の担保も取れておらず、岩国基地では受け入れ準備が着々と進んでいる。
 知事の言葉に期待した多くの県民に対する裏切りである。

人気ブログランキングへ

|

« 内閣には、政党の持てる最高の人材を集めるべき | トップページ | 基地や原発などの国策は国の専管事項であり、基本的に尊重し協力するー山口県の方針 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

裏切られていることはわかります。が 言葉のごまかしが多くて私たちにはわからないことも多いです。副知事が二人になるし 選挙中から病気だったことも知らせなかったし 初登庁から入院の話だったし 言ってることも意味不明だし 責任を感じないのでしょうか オスプレイに原発に問題の多い山口県 国内でも3か4位の借金 前の知事と同じ考え方では何も変わらないのではないでしょうか?県民から 声がでないのはむしろ不思議でたまりません

投稿: 津久井万喜 | 2012年10月 6日 (土) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/55821070

この記事へのトラックバック一覧です: 新知事は前例踏襲ー山口県議会でのやりとりから:

« 内閣には、政党の持てる最高の人材を集めるべき | トップページ | 基地や原発などの国策は国の専管事項であり、基本的に尊重し協力するー山口県の方針 »