« オスプレイが飛ぶかたわらで民間空港の準備が進む | トップページ | 公債特例法案を人質に取ることは得策ではない »

2012年10月31日 (水)

第3極の結集、政策の一致は表向き?

 政治家の言っていることは、いつも逆だと思った方がいい。
 石原さんは、政策は後回しでいい、政権を取るために第3極の結集が必要という。
 橋下さんや渡辺さんは、政策の一致が大切という。
 文字通り政策が大事だと思っているのであれば、石原さんたちと一緒にできるはずはない。しかし、2人の本音も、選挙で票を取ることにあり、そのためには政策なんかどうでもいいのである。ただ、国民向けに政策に関するつじつま合わせができればそれでいいというのが腹であろう。
 違いをごまかし大同団結したとしても、早晩けんか別れをし、国民を裏切ることになる。

人気ブログランキングへ

|

« オスプレイが飛ぶかたわらで民間空港の準備が進む | トップページ | 公債特例法案を人質に取ることは得策ではない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

井原さんの言われる通りで、第三局も野合と言われないよう、慎重に構えないと民主党の政権交代の時の二の舞になると思う。政権をとればなんとかなるなどは論外だ。普通の市民感覚では、石原さんと橋下さん、渡辺さんの立ち位置は違うと思うし、消費増税、原発問題は、決して些細なことではない。

投稿: 普通の岩国市民 | 2012年11月 1日 (木) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/56013763

この記事へのトラックバック一覧です: 第3極の結集、政策の一致は表向き?:

« オスプレイが飛ぶかたわらで民間空港の準備が進む | トップページ | 公債特例法案を人質に取ることは得策ではない »