« 国会は、その責任を果たすべし | トップページ | 日本一の鮎 »

2012年10月 9日 (火)

ノーベル賞

 ヒトのどんな臓器や器官にもなり得る万能細胞をつくるという発想がすごい。
 誰も考えつかない、常識的には不可能と思われるかもしれない。
 この発想とあくなき努力により、iPS細胞が生まれた。
 「真理はいくつものベールに包まれている。1枚めくるとまた1枚現れる。」
 山中さんの言葉が印象に残る。
 どんなに困難であろうと、ひたすら真理を追及する。
 政治の世界にも、こうした科学者としての姿勢が求められる。

 野の秋

10091

人気ブログランキングへ

|

« 国会は、その責任を果たすべし | トップページ | 日本一の鮎 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本当に素晴らしいと思いますこれまで 私たちが国会で訴えてきたことは一つ一つへの研究費…といった形ちだったのでとうていたりませんでした。難病だけでなくこれからの医学に大いに期待です。しかしアメリカと日本の研究費の違いに驚きました、山中教授が言われていました。是非メイドインジャパンの薬を作りたいこんな素晴らしい発見をしたのに技術をほかの国 にとられるといったようなことがないことを願います また政府は全世界に向けても素晴らしい結果を出していかれるだろう山中教授の研究に協力してほしいです

投稿: 津久井万喜 | 2012年10月10日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/55855818

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞:

« 国会は、その責任を果たすべし | トップページ | 日本一の鮎 »