« ノーベル平和賞 | トップページ | 復興予算は被災地最優先で »

2012年10月15日 (月)

日本は法治国家なのか

 非核市民宣言運動・ヨコスカの情報誌「たより」に新倉裕史さんの興味深い文章が載っていたので、その趣旨の一部を紹介する。
「オスプレイなどの低空飛行訓練の法的根拠として、外務省は地位協定5条2項を根拠に挙げるが、米軍機などの米軍基地間の移動は認めているが、訓練をしてよいとは書かれていない。法的根拠のない訓練について、地位協定の実施に伴う「航空特例法」を適用することはできない。」
 今回初めて飛行ルートが明らかにされたが、そもそも低空飛行訓練がどのような法的根拠に基づき行われているのか明確にする必要がある。
 米軍が好き勝手に日本中の空で訓練を行うことができるとすれば、日本は法治国家とは言えない。
 見事な紅葉(何の葉でしょう?)

10142

人気ブログランキングへ

|

« ノーベル平和賞 | トップページ | 復興予算は被災地最優先で »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/55897770

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は法治国家なのか:

« ノーベル平和賞 | トップページ | 復興予算は被災地最優先で »