« 中国の抗議活動 | トップページ | 中国の動向が心配、政治主導で直接対話を »

2012年9月16日 (日)

集団的自衛権の行使は、日本を危険にさらす

 簡単に言えば、同盟国が攻撃されたときにともに戦う権利を集団的自衛権という。
 日本は、集団的自衛権は持っているが、憲法との関係で行使することはできないとするのが、これまでの公式見解であった。
 ところが、ここにきて、これを容認すべしという議論があちこちから出始めている。
 民主党の前原さんは、日本周辺でのアメリカとの共同行動を前提に集団的自衛権の見直しの必要性に言及した。
 売出し中の橋下さんも、「権利があれば行使できるのは当たり前だ」と一流の乱暴な言い方をする。
 安倍さんや石破さんももちろん同じ考え方である。
 「最近自民党は幅が狭くなり、右翼ばかりになった」
 自民党の総裁候補を見ての河野洋平さんの感想であるが、言い得て妙である。
 アメリカと一緒に戦うということは、日本を守るのではなく、反対に危険にさらすことになる。

人気ブログランキングへ

|

« 中国の抗議活動 | トップページ | 中国の動向が心配、政治主導で直接対話を »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/55674441

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権の行使は、日本を危険にさらす:

« 中国の抗議活動 | トップページ | 中国の動向が心配、政治主導で直接対話を »