« オスプレイに関する安全対策?について日米が合意 | トップページ | オスプレイを予定通り、容認 »

2012年9月19日 (水)

オスプレイに対する抗議のハンガーストライキ

 岩国市役所でオスプレイの試験飛行に反対してハンガーストライキを始めた2人の男性を激励し、今戻ってきた。
 既に半日が経過し、夜になって急に冷え込んできたので、体調が心配である。
 「市民の不安はあるが、試験飛行をするなら国の責任でやってくれ」
 市長のコメントであるが、なんと無責任で卑怯な態度であろう。
 勝手に国に責任を押し付ければ、市民に対する自らの責任が免れるとでも思っているのだろうか。
 強行すれば信頼関係が崩れると言っていたのは、誰であろうか。
 本気で市民を守る気持ちがあるのなら、補助金や民間空港を返上してでも反対を貫くべきである。

人気ブログランキングへ

|

« オスプレイに関する安全対策?について日米が合意 | トップページ | オスプレイを予定通り、容認 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

想像範囲内ですね。
あの腹立たしい市長選で、給食費無料を掲げたのを後援会が勝手にやったことだと言えるだけの人材らしい発言です。

オスプレイの問題‥妙に冷めた目で見ています。
なぜなら、岩国市では選挙の度に岩国は基地がないとやっていけないと声高に叫んでいる連中を度々目撃しているからです。
基地容認派が選挙を通って来た岩国だから、この流れも不思議ではないと感じてしまいます。
オスプレイでいくらお金が国から引き出せるか、そんなことを考えてる連中が裏にいないといいですね。
国もこんな状況ですから、岩国にねだられて出すお金もないでしょうがね。
やはり選挙の時に基地容認派でない人に投票しておくべきだったのでしょうが、選挙自体が不正されたんじゃ‥有権者はどうすればってなりますよね。

投稿: なみ | 2012年9月21日 (金) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/55698915

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイに対する抗議のハンガーストライキ:

« オスプレイに関する安全対策?について日米が合意 | トップページ | オスプレイを予定通り、容認 »