« オスプレイに対する抗議のハンガーストライキ | トップページ | とうとうオスプレイが飛ぶ。いびつな日米関係の象徴。 »

2012年9月20日 (木)

オスプレイを予定通り、容認

 岩国市長が、予定通り、オスプレイを容認。
 繰り返された国とのやり取りは、すべて茶番である。
 「不安が払しょくされていない」
 「国防上必要であることは理解する」
 「国の責任でやってくれ」
 口先だけでは、何とでも言える。
 要は、市民を守る意思があるかどうかだ。
 基地にとって地元との関係は極めて重要である。
 市長が覚悟を持って反対すれば、国とて強行することはできないはず。
 冷え込みがきつい中、今夜も抗議のハンガーストライキは続く。

人気ブログランキングへ

|

« オスプレイに対する抗議のハンガーストライキ | トップページ | とうとうオスプレイが飛ぶ。いびつな日米関係の象徴。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/55706956

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイを予定通り、容認:

« オスプレイに対する抗議のハンガーストライキ | トップページ | とうとうオスプレイが飛ぶ。いびつな日米関係の象徴。 »