« 集団的自衛権の行使は、日本を危険にさらす | トップページ | オスプレイに関する安全対策?について日米が合意 »

2012年9月17日 (月)

中国の動向が心配、政治主導で直接対話を

 昨日岩国で、尖閣、竹島を守ることとオスプレイの配備の推進を掲げた集会とデモが行われたとのこと。200人程度と一部の人たちの集まりであり、大多数の市民の感覚とはかけ離れていると思われる。
 中国の動きも、一部の過激な人達に限られていると信じたいが、今後の動向が何とも気になる。
 今回の騒動の原因は、やはり、外交に何の権限もない石原さん個人の独りよがりな行動にある。
 さらに、石原さんに揺すぶられたとはいえ、政府の拙速な国有化が、中国を刺激したことは否めない。実効支配の平穏な継続に自ら石を投げ大きな波紋を起こしたのであるから、明らかな外交の失敗であろう。
 そんな中で、日々、日本人や日系企業の安全が脅かされ深刻な事態に立ち至っているにも拘わらず、政府の動きがあまり見えないことが気になる。
 これ以上情勢が悪化しないよう、野田さんを先頭にまさに政治主導で、直接対話に乗り出すなどあらゆる努力をすべきである。

人気ブログランキングへ

|

« 集団的自衛権の行使は、日本を危険にさらす | トップページ | オスプレイに関する安全対策?について日米が合意 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/55683886

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の動向が心配、政治主導で直接対話を:

« 集団的自衛権の行使は、日本を危険にさらす | トップページ | オスプレイに関する安全対策?について日米が合意 »