« 野党による不信任決議の提出 ムダを放置して増税に突き進む野田さんのやり方は間違っている。「解散を約束しなければ法案を通さない」とする自民党の姿勢もいかがなものか。法案よりも解散の方が大事だというのだろうか。消費税という重要な政策を政争の具にされる、そういう低レベルの政治を持った国民が不幸である | トップページ | 解散(2) 何らかの約束をしたとみるのが普通であるが、いくら首相に権限があるからといって、党の代表として多くの仲間を犠牲にして解散を強行することができるのであろうか。震災復興、原発問題、社会保障改革など課題が山積する中で、法律一本のために密約を交わし野党に政権をあけ渡すというのでは、本末転倒、無責任極まりない。政治家として、政党の代表として決してやってはならないこと »

2012年8月 8日 (水)

解散 「消費税法案が成立したあかつきには、近いうちに国民に信を問う」これだけでは解散時期は明確とは言えないが、子ども使いではないので「今国会の会期中に解散する」という合意があったと考えるのが自然である。しかし、今後与党内の野田さんに対する反発が強まることは必至である。9月の代表選なども絡んで、混乱はますます深まる恐れがあり、決められる政治とは程遠い状態になりそう

「消費税法案が成立したあかつきには、近いうちに国民に信を問う」
 野田さんと谷垣さんの合意として発表されたものであるが、これをめぐって一部マスコミには、解散時期はいまだに明確でないとするものもある。
 これだけではもちろん、解散時期は明確とは言えないが、大政党の代表が二人だけで話し合って合意したわけであるから、普通に考えれば、「今国会の会期中に解散する」という内密の文書、少なくとも口頭の了解があったと考えるのが自然である。
 そうでなければ、解散を最優先する谷垣さんが引き下がるわけもない。
 これで消費税法案は成立するだろうが、早期解散に反対する多くの民主党議員たちの野田さんに対する突き上げが始まることは必至であり、いくら解散は首相の権限だといっても、仲間の反対を押し切ることは容易ではなかろう。
 9月の自民党の総裁選、民主党の代表選も絡んで、混乱はますます深まる恐れがある。
 彼らの言う決められる政治とは程遠い状態になりそう。

08083

人気ブログランキングへ

|

« 野党による不信任決議の提出 ムダを放置して増税に突き進む野田さんのやり方は間違っている。「解散を約束しなければ法案を通さない」とする自民党の姿勢もいかがなものか。法案よりも解散の方が大事だというのだろうか。消費税という重要な政策を政争の具にされる、そういう低レベルの政治を持った国民が不幸である | トップページ | 解散(2) 何らかの約束をしたとみるのが普通であるが、いくら首相に権限があるからといって、党の代表として多くの仲間を犠牲にして解散を強行することができるのであろうか。震災復興、原発問題、社会保障改革など課題が山積する中で、法律一本のために密約を交わし野党に政権をあけ渡すというのでは、本末転倒、無責任極まりない。政治家として、政党の代表として決してやってはならないこと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ケロリンパの野田首相言葉でより法案成立の言葉がより重い要言葉であるあることを何故かメディアは

伝えないのか。

投稿: T生 | 2012年8月19日 (日) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/55380978

この記事へのトラックバック一覧です: 解散 「消費税法案が成立したあかつきには、近いうちに国民に信を問う」これだけでは解散時期は明確とは言えないが、子ども使いではないので「今国会の会期中に解散する」という合意があったと考えるのが自然である。しかし、今後与党内の野田さんに対する反発が強まることは必至である。9月の代表選なども絡んで、混乱はますます深まる恐れがあり、決められる政治とは程遠い状態になりそう:

« 野党による不信任決議の提出 ムダを放置して増税に突き進む野田さんのやり方は間違っている。「解散を約束しなければ法案を通さない」とする自民党の姿勢もいかがなものか。法案よりも解散の方が大事だというのだろうか。消費税という重要な政策を政争の具にされる、そういう低レベルの政治を持った国民が不幸である | トップページ | 解散(2) 何らかの約束をしたとみるのが普通であるが、いくら首相に権限があるからといって、党の代表として多くの仲間を犠牲にして解散を強行することができるのであろうか。震災復興、原発問題、社会保障改革など課題が山積する中で、法律一本のために密約を交わし野党に政権をあけ渡すというのでは、本末転倒、無責任極まりない。政治家として、政党の代表として決してやってはならないこと »