« 広島の日 二度と3.11福島のような悲惨な事故を起こさないために、原発のない日本を作ること。アメリカの核の傘を離れて、核の廃絶に向けて世界をリードすること。広島だからこそできる重要な役割である | トップページ | 解散 「消費税法案が成立したあかつきには、近いうちに国民に信を問う」これだけでは解散時期は明確とは言えないが、子ども使いではないので「今国会の会期中に解散する」という合意があったと考えるのが自然である。しかし、今後与党内の野田さんに対する反発が強まることは必至である。9月の代表選なども絡んで、混乱はますます深まる恐れがあり、決められる政治とは程遠い状態になりそう »

2012年8月 7日 (火)

野党による不信任決議の提出 ムダを放置して増税に突き進む野田さんのやり方は間違っている。「解散を約束しなければ法案を通さない」とする自民党の姿勢もいかがなものか。法案よりも解散の方が大事だというのだろうか。消費税という重要な政策を政争の具にされる、そういう低レベルの政治を持った国民が不幸である

0807

 煮え切らない野田さんの態度に自民党が反発し、消費税増税法案の行方が急に不透明になってきた。
 そうした混乱につけ込むかのように、国民の生活が第一やみんなの党など野党6党により、突如内閣不信任案が突き付けられた。
 野党である自民党は不信任案に賛成するのが普通であるが、民主党との協力関係を考えればそう単純ではなく、対応に苦慮しそうである。
 ムダを放置して増税に突き進む野田さんのやり方はもちろん間違っている。
「解散を約束しなければ法案を通さない」とする自民党の姿勢もいかがなものか。
 法案よりも解散の方が大事だというのだろうか。
 国民の利益を後回しにして権力闘争に明け暮れる、古い政治の典型である。
 消費税という重要な政策を政争の具にされる、そういう低レベルの政治を持った国民が不幸である。

人気ブログランキングへ

|

« 広島の日 二度と3.11福島のような悲惨な事故を起こさないために、原発のない日本を作ること。アメリカの核の傘を離れて、核の廃絶に向けて世界をリードすること。広島だからこそできる重要な役割である | トップページ | 解散 「消費税法案が成立したあかつきには、近いうちに国民に信を問う」これだけでは解散時期は明確とは言えないが、子ども使いではないので「今国会の会期中に解散する」という合意があったと考えるのが自然である。しかし、今後与党内の野田さんに対する反発が強まることは必至である。9月の代表選なども絡んで、混乱はますます深まる恐れがあり、決められる政治とは程遠い状態になりそう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本題?の消費税増税について
消費税の導入時の口実覚えてますか?少子高齢化で年金などの社会保障の財源が足りないということだったと思います。そもそも高度成長期に年金をスライド制で始めたのも高齢者の票集めだったのではと思うこの頃です。
さてその後3%から5%に引き上げられ、それでも財源が足りないと。
そこで疑問に思うのはこの消費税がきちんと年金の財源に使われているのか、という問題なのです。もちろん税金の国の予算やあと国民が拠出した年金についても、無駄がないのか知りたいところです。
消えた年金だかで問題になったあの頃、国会に召喚予定の厚生省の事務次官が殺害されるという事件がありました。
あの事件は国民に当時の経緯を知っている事務次官を殺してまで隠蔽したい出来事があるのだと思わせるのに充分な事件です。
今回の増税をする前に、国の台所事情について国民に説明する必要があります。なぜ増税する程お金がないはずなのに、原発利権には隠蔽工作の為や保安院などに目に見える範囲だけでも多額のお金が動いてます。もっと大きなお金は原発メーカー、それと組んでる金融期間、株主なんかに流れているのでしょう。
同じく岩国の民間空港だって今の状態であんな無駄なことにお金が出せるのにってなりますよ。
なので日本国内における利権について、どういう所にどれだけお金が行っていて、どういう圧力があるのか、そしてそれでも必要のない無駄遣いはやめることを国民に約束しなければ、いつも国民にばかりしわ寄せするやり方に国民は納得しないはずです。
きっと今国民の多くは民主党に対してもなぜと思うことが沢山あると思いますが、政治とは複雑でいろんなバランスや圧力といったものがあって、国民には内情がわかり辛く、表面的なことだけで(情報操作も含め)判断してしまわないように、国民にも少しでも意図が解るように説明する努力をして頂きたいと思っています。
野田首相が増税を掲げ、今総選挙を行うことは、政権を奪回したい自民党にとっては都合のいい事なのです。でも騙されてはいけません。本当に利権を貪りたいのは自民党のバックにいる連中なのです。
利権の問題を解決できればそれ程増税も必要ないのかもしれませんが、野田首相の本意が増大していく国債(国の借金)を少しでも返していきたいという思いと震災復興など必要な場所に使いたいという思いであるよう願ってます。ただそれももう公共事業に一部充てようと考えている輩が‥

投稿: なみ | 2012年8月 9日 (木) 12時38分

続き
輩がいるようです。
この法案を巡って、民主党内でもいろいろありましたが、私は党が同じであっても、なぜ政治家になって何をやりたいか信念を持っている政治家であれば、意見が合わないこともあると思っています。
政権争いに終始してる幼稚な連中は、政治から外して、今日本が抱える問題に対して、国民を想い、国の行く末を考え、一生懸命話し合いをしてくれる政治になって欲しいです。
原発、瓦礫焼却、放射能汚染、TPP、人権侵害(テクノロジー犯罪を含む)、増税など進むべき道を誤れない問題にしっかり政治家一人一人が真剣に向き合って頂きたいと願ってます。
子や孫が可愛いという心があれば。

投稿: なみ | 2012年8月 9日 (木) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/55374785

この記事へのトラックバック一覧です: 野党による不信任決議の提出 ムダを放置して増税に突き進む野田さんのやり方は間違っている。「解散を約束しなければ法案を通さない」とする自民党の姿勢もいかがなものか。法案よりも解散の方が大事だというのだろうか。消費税という重要な政策を政争の具にされる、そういう低レベルの政治を持った国民が不幸である:

« 広島の日 二度と3.11福島のような悲惨な事故を起こさないために、原発のない日本を作ること。アメリカの核の傘を離れて、核の廃絶に向けて世界をリードすること。広島だからこそできる重要な役割である | トップページ | 解散 「消費税法案が成立したあかつきには、近いうちに国民に信を問う」これだけでは解散時期は明確とは言えないが、子ども使いではないので「今国会の会期中に解散する」という合意があったと考えるのが自然である。しかし、今後与党内の野田さんに対する反発が強まることは必至である。9月の代表選なども絡んで、混乱はますます深まる恐れがあり、決められる政治とは程遠い状態になりそう »