« 解散権は誰のためにあるのか。首相個人や政党のためにあるのではなく、国民のためにある。選挙に有利な時を選ぶなど一政党の都合による解散が許されないことはもちろん、一本の法律を通すために野党と談合するなど論外、解散権の濫用だと言ってもいい。すぐに解散しなければならない理由はなく、任期満了により国民の信を問えば十分である。小泉さんの郵政解散、野田さんの談合?解散、恣意的な解散が続くようであれば、内閣の解散権は、憲法69条の場合に限定する必要があるのではなかろうか | トップページ | オリンピック 選手の活躍に力が入りメダルの獲得を喜んだものだが、一方で、メダルの数に一喜一憂してはいけないと思う自分がいる。オリンピックは、国がメダルの数を争い国威を発揚する場ではなく、あくまで選手がその鍛えられらた技を競う場であり、メダル数はその結果でしかない。メダルは取れなくても、世界の舞台で堂々と力を発揮した多くの選手たちにも拍手をおくりたい »

2012年8月13日 (月)

竹島問題 この問題は容易に解決するものではなく、ことさらに取り上げて両国の関係全体に悪影響を与えるのは得策ではない。アジア近隣諸国、特に隣の韓国との関係は重要である。私も最近韓国の歴史ドラマを好んで観るが、当面領土問題は棚上げにしても、文化や娯楽、観光など日常的な交流を大切にしていくべき

 竹島をめぐって、にわかに日韓関係が騒々しくなっている。
 誤解を恐れず言えば、この問題は容易に解決するものではなく、ことさらに取り上げて両国の関係全体に悪影響を与えるのは得策ではない。
 平和や経済、文化などあらゆる面において、アジア近隣諸国、特に隣の韓国との関係は重要である。
 私も最近韓国の歴史ドラマを好んで観るが、文化や娯楽、観光など日常的な交流が急速に深まっており、当面領土問題は棚上げにしても、こうした関係を大切にしていくべき。
 秋の気配も


08113


 

人気ブログランキングへ

|

« 解散権は誰のためにあるのか。首相個人や政党のためにあるのではなく、国民のためにある。選挙に有利な時を選ぶなど一政党の都合による解散が許されないことはもちろん、一本の法律を通すために野党と談合するなど論外、解散権の濫用だと言ってもいい。すぐに解散しなければならない理由はなく、任期満了により国民の信を問えば十分である。小泉さんの郵政解散、野田さんの談合?解散、恣意的な解散が続くようであれば、内閣の解散権は、憲法69条の場合に限定する必要があるのではなかろうか | トップページ | オリンピック 選手の活躍に力が入りメダルの獲得を喜んだものだが、一方で、メダルの数に一喜一憂してはいけないと思う自分がいる。オリンピックは、国がメダルの数を争い国威を発揚する場ではなく、あくまで選手がその鍛えられらた技を競う場であり、メダル数はその結果でしかない。メダルは取れなくても、世界の舞台で堂々と力を発揮した多くの選手たちにも拍手をおくりたい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/55418099

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島問題 この問題は容易に解決するものではなく、ことさらに取り上げて両国の関係全体に悪影響を与えるのは得策ではない。アジア近隣諸国、特に隣の韓国との関係は重要である。私も最近韓国の歴史ドラマを好んで観るが、当面領土問題は棚上げにしても、文化や娯楽、観光など日常的な交流を大切にしていくべき:

« 解散権は誰のためにあるのか。首相個人や政党のためにあるのではなく、国民のためにある。選挙に有利な時を選ぶなど一政党の都合による解散が許されないことはもちろん、一本の法律を通すために野党と談合するなど論外、解散権の濫用だと言ってもいい。すぐに解散しなければならない理由はなく、任期満了により国民の信を問えば十分である。小泉さんの郵政解散、野田さんの談合?解散、恣意的な解散が続くようであれば、内閣の解散権は、憲法69条の場合に限定する必要があるのではなかろうか | トップページ | オリンピック 選手の活躍に力が入りメダルの獲得を喜んだものだが、一方で、メダルの数に一喜一憂してはいけないと思う自分がいる。オリンピックは、国がメダルの数を争い国威を発揚する場ではなく、あくまで選手がその鍛えられらた技を競う場であり、メダル数はその結果でしかない。メダルは取れなくても、世界の舞台で堂々と力を発揮した多くの選手たちにも拍手をおくりたい »