« 政官業もたれあい(山口新聞への投稿より) | トップページ | 山口県知事選挙 誰かに頼まれたからというのではなく、候補者の理念と政策により、自らの自由な意思で選択すべき »

2012年7月11日 (水)

山口県知事選挙、古い政治の継承か、県政のか、その選択である

 山口県知事選挙が、明日12日告示される。
 過去3回は、実質上無投票と同じ。今回は、10数年振りに県民の選択の機会が巡ってきた。
 大きな政党や団体の支援を受けた古い政治を継承するのか、それとも、草の根の市民の応援を得て県政を刷新するのか、その選択であると言っても過言ではない。
 前者が山本繁太郎氏、後者が飯田てつなり氏、2人の一騎打ちと思われる。
 県民の懸命な選択を期待したい。

人気ブログランキングへ

|

« 政官業もたれあい(山口新聞への投稿より) | トップページ | 山口県知事選挙 誰かに頼まれたからというのではなく、候補者の理念と政策により、自らの自由な意思で選択すべき »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/55175259

この記事へのトラックバック一覧です: 山口県知事選挙、古い政治の継承か、県政のか、その選択である:

« 政官業もたれあい(山口新聞への投稿より) | トップページ | 山口県知事選挙 誰かに頼まれたからというのではなく、候補者の理念と政策により、自らの自由な意思で選択すべき »