« 原発再稼働にみる政治の過ち(3)原発立地自治体の首長は、地元だけでなく、より広範囲の住民の安全をも考える責任がある | トップページ | マニフェストにない消費税増税を、野党と連携して成立させる。社会保障についても、野党の案に全面譲歩する。国民は、そんなことを委ねたわけではない。なりふり構わず、増税に突き進む姿は、やはり異常 »

2012年6月 5日 (火)

消費税をめぐって政治が混乱。権力争いにうつつを抜かすのではなく、社会保障、外交・防衛、財政再建などについて与野党が国民の目の前で堂々と議論を闘わせ、きちんと採決をし決着は図る。そして、総選挙で信を問うのが、国民の負託を受けた政治の責任

 消費税をめぐって政治が混乱。与野党それぞれが、党内に増税賛成、反対の相反する意見を抱え、焦点の解散時期についても思惑はバラバラ。今何が起こっているのか、これからどうなるのか、誰もわからない。
 明確な指針もなく国民を荒海に放り出し、自分たちはぬくぬくとした場所でひたすら権力争いにうつつを抜かす。こんな政治を見ていたら腹が立ってしょうがない、すべて取り換えた方がいい。
 社会保障、外交・防衛、財政再建などの課題について与野党それぞれが明確な方針を示し、国民の目の前で堂々と議論を闘わせ、時期が来ればきちんと採決をし決着は図る。
 そして、いずれ巡ってくる総選挙で信を問う。これが、国民の負託を受けた政治の責任。
 党内が割れていては政権与党としての責任が果たせない。
 野党も、解散、解散と繰り返し国政を停滞させるばかりでは、国民に見放される。

人気ブログランキングへ

|

« 原発再稼働にみる政治の過ち(3)原発立地自治体の首長は、地元だけでなく、より広範囲の住民の安全をも考える責任がある | トップページ | マニフェストにない消費税増税を、野党と連携して成立させる。社会保障についても、野党の案に全面譲歩する。国民は、そんなことを委ねたわけではない。なりふり構わず、増税に突き進む姿は、やはり異常 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本の総理大臣は年俸で約1億円もらっています。米国のオバマ氏は3600万円程度この違いは何でしょう?

国会議員たちは公設秘書数名意外に私設秘書数名を雇っていますが、彼らのやっていることには全く何も生産性の無い足の引っ張り合いだけです。こういうことのために高額な年俸を渡すというのは完全にいかれています。

日銀の言い分で「経済成長すれば金利が上がって財政再建できなくなる」とか言うのですが真っ赤なウソです。

日銀は経済成長をしぼませる方向でこそこそ金融引き締めに動いています。

メタンハイドレードを掘るのに10兆円使えばいいのです。核燃料再処理をやめて世界一の資源国になるのです。
でも国会議員は原油などの特別会計にかかる税がおいしくてしょうが無いのです。
特別会計だから、何も審議しないで使えます。おかしな使い方があってもごまかせるようになっています。
この特別会計に切り込まない理由は何でしょう?
自公民政官時代民主はここの使い道云々を言っていましたが、それは何のこと?とばかり増税に

増税したらおそらく国会銀の経費や報酬や年金が豊かになり、国民は金融引き締めで、苦境に立たされ、余裕がある人は海外に脱出します。


搾り取られ苦境にあえぐ国民にバラマキで対応して票集めをしようとしているのが今の民主の本当の姿です。

投稿: 匿名 | 2012年6月 6日 (水) 13時16分

どうして こんな世の中になったのでしょう・・・。
何もかもが腐ってしまって 人の心も腐り果てたのでしょうか?
悪に支配され だれも太刀打ちできないのでしょうか?
井原さまの正義をいつも応援致します。

投稿: 津久井万喜 | 2012年6月 8日 (金) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/54886175

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税をめぐって政治が混乱。権力争いにうつつを抜かすのではなく、社会保障、外交・防衛、財政再建などについて与野党が国民の目の前で堂々と議論を闘わせ、きちんと採決をし決着は図る。そして、総選挙で信を問うのが、国民の負託を受けた政治の責任:

« 原発再稼働にみる政治の過ち(3)原発立地自治体の首長は、地元だけでなく、より広範囲の住民の安全をも考える責任がある | トップページ | マニフェストにない消費税増税を、野党と連携して成立させる。社会保障についても、野党の案に全面譲歩する。国民は、そんなことを委ねたわけではない。なりふり構わず、増税に突き進む姿は、やはり異常 »