« 原発や基地と見返りのお金、国の政策に協力するから、お金をあげる、お金をもらうというのは、おかしい。政策は、国のためではなく、まさに国民のためであり、その見返りをもらうというのでは淋しい。 | トップページ | オスプレイが再びフロリダで墜落。日本への配備は当面止まるだろうが、いずれ蒸し返される恐れがある。安全保障条約上、アメリカ軍の運用については、原則として口出しができないのだから。 »

2012年6月14日 (木)

日隅一雄さんのご冥福を祈る

 12日、弁護士の日隅一雄(ひずみ・かずお)さんが亡くなられた。
 2007年、約束された庁舎建設補助金を突然カットするという防衛省の露骨な締め付けに負けずに、自力で建設しようと市民の間で募金活動が始まったが、日隅さんは、すぐに「岩国市新庁舎建設を勝手に支援する会」を立ち上げ、350円×1,000万人の運動を全国に呼びかけていただいた。これを聞いて、本当に驚き、そしてどれほど勇気づけられたことか。
 日隅さんの勇気ある行動に対して、改めて感謝と敬意を表し、心からご冥福をお祈りしたい。

Img_1116

人気ブログランキングへ

|

« 原発や基地と見返りのお金、国の政策に協力するから、お金をあげる、お金をもらうというのは、おかしい。政策は、国のためではなく、まさに国民のためであり、その見返りをもらうというのでは淋しい。 | トップページ | オスプレイが再びフロリダで墜落。日本への配備は当面止まるだろうが、いずれ蒸し返される恐れがある。安全保障条約上、アメリカ軍の運用については、原則として口出しができないのだから。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/54962134

この記事へのトラックバック一覧です: 日隅一雄さんのご冥福を祈る:

« 原発や基地と見返りのお金、国の政策に協力するから、お金をあげる、お金をもらうというのは、おかしい。政策は、国のためではなく、まさに国民のためであり、その見返りをもらうというのでは淋しい。 | トップページ | オスプレイが再びフロリダで墜落。日本への配備は当面止まるだろうが、いずれ蒸し返される恐れがある。安全保障条約上、アメリカ軍の運用については、原則として口出しができないのだから。 »