« 「決められない政治」という言葉がマスコミなどで繰り返し使われが、一つの単純な言葉で決めつけるのは、危険である。何でも決めればいいというものではなく、決め方が問題。政党間の談合ではなく、国民の目の前で堂々と議論し、真に国民の利益の観点から合理的な選択をすべき。いたずらに「決める政治」を求めることは、独裁的な政治に道を開きかねない | トップページ | 山口県知事選挙。無投票かと心配していたが、相次いで3人の候補者が名乗りをあげ、急に賑やかになってきた。願わくは、公開討論会などを通じて正々堂々と理念を訴え、独自の政策を競って欲しい。山口県の未来を占う貴重な機会であり、不正な圧力やお金などに惑わされず、自らの自由な意思で選択する、「投票の自由」を大切にしたい »

2012年6月19日 (火)

国民は、先の総選挙で政権選択をした。その与党が大分裂をしてあろうことか野党と組んで増税を押し付ける。政党政治とはとても言えない。こんな政治では、決して国民の声は届かない。どうしても一緒に行動できないのであれば、さっさと分かれて国民の信を問うべき

 政治がおかしい。
 世の中は台風の上陸で大騒ぎをしている中、民主党の議員は大勢集まって罵り合い。
 一方、21日の採決が伸びれば不信任だ、問責だと、外から圧力をかける自民党。
 こんな状態で採決を強行するのは、あまりにも非常識。
 国民は、先の総選挙で政権選択をした。
 マニフェストの実現を望むは当然だが、その大前提として民主党という政党に期待したのである。その与党が大分裂をしてあろうことか野党と組んで増税を押し付けようとしている。
 政党政治とはとても言えない。こんな政治では、決して国民の声は届かない。
 どうしても一緒に行動できないのであれば、さっさと分かれて国民の信を問うべき。

06174

人気ブログランキングへ

|

« 「決められない政治」という言葉がマスコミなどで繰り返し使われが、一つの単純な言葉で決めつけるのは、危険である。何でも決めればいいというものではなく、決め方が問題。政党間の談合ではなく、国民の目の前で堂々と議論し、真に国民の利益の観点から合理的な選択をすべき。いたずらに「決める政治」を求めることは、独裁的な政治に道を開きかねない | トップページ | 山口県知事選挙。無投票かと心配していたが、相次いで3人の候補者が名乗りをあげ、急に賑やかになってきた。願わくは、公開討論会などを通じて正々堂々と理念を訴え、独自の政策を競って欲しい。山口県の未来を占う貴重な機会であり、不正な圧力やお金などに惑わされず、自らの自由な意思で選択する、「投票の自由」を大切にしたい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/55006031

この記事へのトラックバック一覧です: 国民は、先の総選挙で政権選択をした。その与党が大分裂をしてあろうことか野党と組んで増税を押し付ける。政党政治とはとても言えない。こんな政治では、決して国民の声は届かない。どうしても一緒に行動できないのであれば、さっさと分かれて国民の信を問うべき:

« 「決められない政治」という言葉がマスコミなどで繰り返し使われが、一つの単純な言葉で決めつけるのは、危険である。何でも決めればいいというものではなく、決め方が問題。政党間の談合ではなく、国民の目の前で堂々と議論し、真に国民の利益の観点から合理的な選択をすべき。いたずらに「決める政治」を求めることは、独裁的な政治に道を開きかねない | トップページ | 山口県知事選挙。無投票かと心配していたが、相次いで3人の候補者が名乗りをあげ、急に賑やかになってきた。願わくは、公開討論会などを通じて正々堂々と理念を訴え、独自の政策を競って欲しい。山口県の未来を占う貴重な機会であり、不正な圧力やお金などに惑わされず、自らの自由な意思で選択する、「投票の自由」を大切にしたい »