« 原発と民意 お金を持ち出し住民を分断すれば、本当の民意が封殺される | トップページ | 野田さんのアメリカ訪問 首脳同士の信頼関係・・・ »

2012年5月 2日 (水)

野田さんのアメリカ訪問 日米同盟という言葉が気になる

 野田さんがアメリカに行って、日米同盟、日米同盟と繰り返す。
 「民主党政権になり、日米関係がぎくしゃくしている」
 「首脳同士の信頼関係が大切」
 マスコミの決まり文句である。
 こうした言い方、感覚がすごく気になる。
 「同盟」とは、通常軍事を中心にしたものであり、「同盟」を深化させる国民的合意があるとは思えない。
 そういう意味では、「日米関係」という言葉を使うべき。
 経済・文化などの幅広い交流を含む日米関係は、もちろん重要であるが、その点では、「ぎくしゃく」などしていない。普天間問題を誇大に取り上げ日米関係が破綻するかのような言い方は、誤解を与えるので慎むべき。

人気ブログランキングへ

|

« 原発と民意 お金を持ち出し住民を分断すれば、本当の民意が封殺される | トップページ | 野田さんのアメリカ訪問 首脳同士の信頼関係・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/54616565

この記事へのトラックバック一覧です: 野田さんのアメリカ訪問 日米同盟という言葉が気になる:

« 原発と民意 お金を持ち出し住民を分断すれば、本当の民意が封殺される | トップページ | 野田さんのアメリカ訪問 首脳同士の信頼関係・・・ »