« まもなく原発ゼロに。安全に確信が持てないとすれば、動かすことは無理。経済的な課題については、需要と供給の両面から国を挙げて努力すべき。できないはずない。 | トップページ | 大阪の戦略会議と関西電力のやり取りは、興味深い。経営上原発をどうしても動かしたい会社側の姿勢は明らかであり、政府が、明確な方針を示し議論をリードすべき。 »

2012年5月 6日 (日)

山口新聞の「東流西流」に2ヶ月間投稿する(毎週日曜日担当)。政治について、思いを綴る。

 山口新聞の「東流西流」に毎週日曜日、2ヶ月間にわたって投稿する。
 今、日本の政治は機能せず、国民の不信感も募るばかり。
 この難局を打開し新しい時代を切り拓くためには、政治の仕組みを根本的に変える以外にない。政治について、思いを率直に綴る。
 第1回は、次の通り。
○政治とは何か
 原発、年金、財政など大きな課題を前にして、政治はなすすべを知らず、ただ権力争いを繰り返すだけで、まったく機能していない。 政治とは何か、どこに問題があり、どうすれば変わるのか、これまでの常識にとらわれず考えてみたい。
 人は、政治に何を期待するのか。地元に道路や箱モノを作る、公共事業の入札で便宜を図る、就職の世話をする・・・。当たり前のように行われてきたことであるが、これが本当に政治の役割であろうか。
 高速道路や新幹線がどこまでも伸び、無駄なダムや空港ができる。選挙のための利益誘導として、予算の分捕り合戦をしていては、お金がいくらあっても足りない。目先は得したように見えても、いつの間にか借金は国と地方を合わせて1千兆円にも達し破産寸前。結局そのつけは消費税増税などにより市民に返ってくる。こうした仕組みはすでに破綻している。
 政治は、特定の地域や企業、個人のためにあるのではないし、もちろん、口利きやあっせんが政治家の仕事ではない。
 政治の目的は、市民全体の幸せを実現すること。投票したのだからと直接の見返りを求めるのではなく、少々面倒見が悪くても明確な理念と政策を掲げ市民のために懸命に働く政治家をきちんと評価すべき。

05061

人気ブログランキングへ

|

« まもなく原発ゼロに。安全に確信が持てないとすれば、動かすことは無理。経済的な課題については、需要と供給の両面から国を挙げて努力すべき。できないはずない。 | トップページ | 大阪の戦略会議と関西電力のやり取りは、興味深い。経営上原発をどうしても動かしたい会社側の姿勢は明らかであり、政府が、明確な方針を示し議論をリードすべき。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/54650474

この記事へのトラックバック一覧です: 山口新聞の「東流西流」に2ヶ月間投稿する(毎週日曜日担当)。政治について、思いを綴る。:

« まもなく原発ゼロに。安全に確信が持てないとすれば、動かすことは無理。経済的な課題については、需要と供給の両面から国を挙げて努力すべき。できないはずない。 | トップページ | 大阪の戦略会議と関西電力のやり取りは、興味深い。経営上原発をどうしても動かしたい会社側の姿勢は明らかであり、政府が、明確な方針を示し議論をリードすべき。 »