« 市民政党「草の根」の立ち上げの趣旨や今後の方針などについて説明するため、各地区で集会を開催 | トップページ | 厚木基地で3日間にわたってNLPが強行された »

2012年5月24日 (木)

突然の通告で始まった厚木基地での空母艦載機の離着陸訓練は、22~24日の3日間予定通り実施され、苦情が殺到した。

 近く岩国に移駐予定の空母艦載機のNLPが厚木基地で実施され、大問題になっている。 報道によると、その状況は次の通り。
 突然の通告で始まった厚木基地での空母艦載機の離着陸訓練は、3日目の24日も予定通り実施されている。
 非常に騒音が大きい戦闘攻撃機FA18スーパーホーネットが滑走路を空母の飛行甲板に見立て、着陸直後に離陸する「タッチ・アンド・ゴー」を繰り返し、午後10時近くまでNLP=夜間離着陸訓練も実施されたため、大和市内では一時、乗用車の警笛に例えられる110デシベルを大きく超える115・9デシベルを計測した。
「ここは一体どこの国なんだ」「沖縄だけでなく、ここもひどい」。殺到した苦情は少なくとも1800件超。大和、綾瀬市ではここ10年で最多となった。
 この訓練は、今月21日に横須賀基地から出る予定だった原子力空母ジョージ・ワシントンの出港が延期になり、一部のパイロットに訓練が必要になったため行われるとのこと。  司令官と面談して訓練を中止するよう申し入れた知事は、聞き入れられなかったことに強い不快感をあらわにした。

 それにしても、どうして全国版ではまったく報道されないなのだろうか。

人気ブログランキングへ

|

« 市民政党「草の根」の立ち上げの趣旨や今後の方針などについて説明するため、各地区で集会を開催 | トップページ | 厚木基地で3日間にわたってNLPが強行された »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私は町田市民です、艦載機の問題を調べるうちに井原さんのブログにたどり着きました。23日の戦闘機の爆音は耐え難いものがありました。2歳半の子供は両手で耳をふさぎ、私自身も頭痛がしてきました。訓練中はひっきりなしに戦闘機が飛ぶので風呂にも入れず日常生活に支障が出てきています。米軍基地のない関西から越してきて半年。まさか東京でこんな騒音被害が起きているとは・・・しかもこの騒音は異常です、騒音を知らない人にいくら説明しても、経験した人にしか理解できないでしょう。
、これまで基地問題は沖縄だけという自分の思い込み、申し訳なく思いました。実際に被害にあって初めて痛みがわかりました。
井原さんがおっしゃっているように、どうして今回の問題を全国ニュースで報道されないのか、不思議でなりません。もっと声を上げていかなければ基地問題で苦しむ人たちの代弁をしてほしいです。
報道されないのは何か圧力があるからなのか?本当に不思議でなりません。
いつもは井原さんのブログを拝読しているだけだったのですが、今回の離着陸訓練のあまりの酷さに声をあげるべきだと思いコメントしました。

投稿: 町田市民 | 2012年5月25日 (金) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/54791890

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の通告で始まった厚木基地での空母艦載機の離着陸訓練は、22~24日の3日間予定通り実施され、苦情が殺到した。:

« 市民政党「草の根」の立ち上げの趣旨や今後の方針などについて説明するため、各地区で集会を開催 | トップページ | 厚木基地で3日間にわたってNLPが強行された »