« 報道の限界と良心 権力者に遠慮して真実を伝えられないマスコミの限界。相反する事実を並べることにより、間接的に真実を浮き彫りにするマスコミの良心。 | トップページ | 大飯原発の再稼働を事実上容認する関西広域連合、住民に十分な説明もせず密室で物事が決められていく、こんなやり方では、必ず大きな反発が起こり、決して問題は解決しない。 »

2012年5月29日 (火)

原子力委員会小委員会が電力会社などを集めた勉強会を開催していたことが発覚。公正を欠く行為であり、原子力の今後のあり方の検討する資格はない。「李下にスモモを盗む」ような行為である。

 内閣府原子力委員会の小委員会が電力会社など利害関係者を集めた勉強会で、公表前の報告書原案を配布していたことが大きな問題になっている。
 多くの役所において当たり前のように行われてきたことで驚くことでもないが、役所と業界がまさに一体となっているのである。
 行政の基本原則である「公正」という考え方がまったく見られない。
 これでは、国民のために働いているとはとても言えず、原子力の今後のあり方の検討する資格はない。
「李下に冠を正さず」(疑わしいことはするな)
 これを評したNHKアナウンサーの言葉であるが、的を射ていない。
 あえて言えなら、「李下にスモモを盗んでいる」のである。

人気ブログランキングへ

|

« 報道の限界と良心 権力者に遠慮して真実を伝えられないマスコミの限界。相反する事実を並べることにより、間接的に真実を浮き彫りにするマスコミの良心。 | トップページ | 大飯原発の再稼働を事実上容認する関西広域連合、住民に十分な説明もせず密室で物事が決められていく、こんなやり方では、必ず大きな反発が起こり、決して問題は解決しない。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/54831405

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力委員会小委員会が電力会社などを集めた勉強会を開催していたことが発覚。公正を欠く行為であり、原子力の今後のあり方の検討する資格はない。「李下にスモモを盗む」ような行為である。:

« 報道の限界と良心 権力者に遠慮して真実を伝えられないマスコミの限界。相反する事実を並べることにより、間接的に真実を浮き彫りにするマスコミの良心。 | トップページ | 大飯原発の再稼働を事実上容認する関西広域連合、住民に十分な説明もせず密室で物事が決められていく、こんなやり方では、必ず大きな反発が起こり、決して問題は解決しない。 »